【相続対策と相続税申告】 静岡県富士市、富士宮市、静岡市、沼津市、三島市で相続にお困りの皆様の力になります!

相続対策と相続税申告は当事務所におまかせください!

注意してください、相続対策相続税対策は異なるものです。(相続税対策が相続対策に含まれます)

 

Ⅰ 相続対策とは?・・相続後も家族仲良く過ごせるようにすること

よく話に聞くことは、ありませんか?

 

 「あそこのうちは、お父さんの相続で大ゲンカして、仲が悪いんだよ」

 

お父様が生前のうちに、お子様(相続人)に財産を、どのように残すか専門家に相談して適切に決めていてくれれば、このような事態にはなりません。これが相続対策です。

 

Ⅱ 相続税対策とは?・・親世代から子世代にできるだけ税金をかけずに財産を譲ること

一方、相続対策とは、次のようなものです。

  1. お父様が生きているうちに、「もし仮に、今お父様が他界したら、いくらの相続税がかかるか」を算定します。
  2. 所有する財産に適用できる特例を隅々まで検討します。
  3. また仮に、お母様がご存命でしたら、お母様が亡くなったとき(二次相続といいます)にかかる相続税も考慮し、お父様とお母様二人の相続を合わせて最小の相続税に抑えるような対策をします。

Ⅲ 相続税申告とは?・・相続対策・相続税対策を十分にして嘘偽りなく申告すること

そして、実際にお父様が亡くなったときに、実際に収める相続税の申告書を作成することになります。

相続税を減らすことができるのは、基本的にお父様がご存命のときです。当事務所は、この時点で変な小細工を絶対にしません。次のように進めます。

1.法律と通達に完全に従った相続税の申告書を作成します。

2.税務署の担当官にとって、可能な限り理解しやすく、十分に説得力のある説明資料を添付します。

3.相続人の皆様に対して、お父様の財産に漏れが無いかを必ず確認し、漏れがあった場合に、どのくらい損をするかを必ず説明します。この確認と説明を通じて、相続人の皆様にご納得のうえで、全ての財産をつつみ隠さず明らかにしていただき、相続人の皆様が心穏やかに生活でき税務調査にも安心して対応できるようにします。

 

〇富士市富士宮の相続を、まかせてほしい自信があります〇

私は東京都新宿区にある相続税専門税理士事務所http://tokyocity.co.jp/)出身の静岡でも数少ない税理士の1人です。首都圏には約5社ほど、相続税専門税理士事務所がありますが、相続の案件数に対して、いずれも少数精鋭です。そのような中、私は本当に運よく、膨大な相続に関する知識の積み重ねのある事務所で実務経験を積むことができました。また、その時の仲間の多くは独立開業し、今でも最新の相続問題を直接相談できる首都圏で活躍する仲間がいます(私の結婚披露宴に4人来てくれました)。その事務所を退職後、家族経営の会社を主な顧問先とする税理士事務所へ転職しましたが、その事務所でも、相続実務を自身の強みとして働いていました。そのような経緯もあり、独立した私の強みは、不動産がらみの相続会社がらみの相続です。

 

自信を裏付ける実績があります

1 大手相続税・不動産税務専門税理士法人での経験

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市の税理士公認会計士・会計事務所の相続イメージ1

・年間20件以上の相続税申告作成・相続対策提案

・年間50件以上の不動産所得・不動産譲渡所得の申告経験

・年間3,000件以上の相続・不動産税務に関する質問対応

・相続対策資格のテキストを執筆(共著)

 

2 わかりやすい申告書を作成する表現力

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市の税理士公認会計士・会計事務所の相続イメージ2

・税務署が一目でわかる申告書

・税務署に疑問を抱かせない工夫

・税務調査の必要性を可能な限り事前排除

・税務調査の可能性を低減

 

3 法令・事例の徹底研究に基づく申告書作成

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市の税理士公認会計士・会計事務所の相続イメージ3

・申告書作成時に問題点を洗い出す

・申告書作成時に理論武装する

・法令・通達に基づく確かな申告書を作成

・税務調査時に説明可能な事前準備


近年の相続税法改正の影響

身近になってしまった相続税

相続税は一部の資産家が気にするもの、という考えは改める必要があります。

平成26年までは、相続税がかかるのは、財産が(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を超える方が亡くなった場合でした。

しかし、平成27年からは、財産が(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を超える方が亡くなった場合に変更されました。

この変更により、平成27年に相続税の申告をした人は平成26年の倍近くに増加しました。

例えば、相続人が息子様1人、財産が住居や田畑等の土地400㎡(路線価75千円)と預金2,000万円の場合、特例が適用できなければ、160万円の相続税がかかります。

 

特例が適用できて、相続税0円の場合でも、特例を適用するためには相続税の申告をする必要があります。

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市等全国の相続税申告の数

相続税申告件数に対する税務署による調査件数の割合

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市等全国の相続税申告に係る調査割合

適切な相続対策により、相続税額を減らし、相続手続をスムーズに行うための準備をしましょう。相続時には、税務調査を意識した相続税申告書を作成致します。相続税申告書の品質は税理士によって大きく変わります。


毎年の確定申告と相続税申告と相続対策の関係

静岡県富士市、富士宮、静岡市、沼津市、三島市の税理士公認会計士・会計事務所の会社をめぐる相続

【仮にお父様と息子様の2人家族とした場合】

当事務所は、まず、お父様に対して相続対策の提案を致します。

次に、お父様に相続対策を実施して頂き、その内容を所得税の申告書や、各種契約書等の証拠資料に反映させます。

お父様の相続時、お父様には相続対策をしているため、スムーズに息子様に資産が承継されます。

会社を経営されている場合、お父様の所有されている株式が相続税額計算の対象となります。非上場株式の評価は相続税申告手続の中でも難易度が高いものであり、多くの税理士は評価したことがないものと理解しています。当事務所には、非上場株式の評価について、豊富な経験があります。そのため、非上場株式の評価を踏まえた相続対策が可能な数少ない税理士の1人と自負しております。

会社の繁栄も重要です。公認会計士として、経営指導を致します。お父様と息子様が協力して、会社を繁栄させることをサポートします。お父様の相続後も、スムーズに会社経営ができるよう、経営指導により、事業承継をサポート致します。


ご相談、お申込みはこちらから。

 初回対面相談(最長60分)1,000円で承ります。お気軽にご相談ください。

電話:0545-77-9062 welcome!!

メール:a_iino@akihiroiinocpa.win welcome!!

メモ: * は入力必須項目です

静岡県で1番お客様の力になる会計事務所となるよう事務所メンバー全員が全力でサポート致します!