· 

ブロックチェーンの理解に挫折した人へ


 ブロックチェーンを理解するのは、一般的にとても難しいです。私は、数冊の書籍を平行して読み、理解しやすいところを繋ぎ合わせて理解しました。

 ところが、ブロックチェーン理解のための良い書籍が出版されました。ブロックチェーンを理解するのに有用なアナロジー(比喩)が『信用の新世界 ブロックチェーン後の未来』にて、記されていましたので、ここで一部紹介したいと思います。

 この書籍、基本の形は電子書籍です。紙の書籍で欲しい場合には、オンデマンドで都度印刷を発注する必要があります。仮想通貨時代っぽい書籍です。

 そのアナロジーは「新聞モデル」という名前です。ブロックチェーンを「新聞」に例えて説明がなされています。

「新聞モデル」

取引    → 署名付き記事

ブロック  → 紙面

ユーザー  → 記事を書く人(記者)

マイナー  → 紙面を構成する人(編集者)

マイニング → くじ引き

ノンス   → はみ出しコーナー

ハッシュ値 → ダイジェスト

 

同書の本来の役割は、SFじたてで未来を予測するというものです。ブロックチェーンを理解しながら、これからの未来がどのようになっていくのか、本書を通じて想像してみるのも楽しいと思います。